キャリア・ブレーンの新卒獲得支援通年プロジェクト、標準的な予算の立て方

人事コンサルティング

新卒獲得支援通年プロジェクトの標準的な予算の立て方

  1. 過去10年間の大学出身者名簿(学部・学科別)をつくる。
  2. 出身ゼミ・研究室・クラブ/サークルを詳細に把握する。
  3. (1)と(2)から重点校を決める→ランクA。ランクAの他は、ランクC。
  4. 出身者はいないがこれから重点的に攻略すべき学校・学部・学科を決める→ランクB
  5. ランクA+ランクB+ランクC=訪問すべき学科の数+大学数(但し、校舎数)
    校舎=キャンパス=キャリアセンターの数となる。
  6. (学科数+校舎数)÷4=大学訪問専任員一人日
  7. 大学訪問専任員×日当×人日数=月人日額
  8. 監理料=月額定額[(5)の数と採用難易度による]
    監理者には、人事・採用一筋40年(5社在籍)の超ベテラン、白根陸夫がその任に当たります。
  9. 交通費・旅費・・・・・実費ご請求。
  10. 通信費・・・・・・・・実費ご請求。

キャリア・ブレーンの大学訪問専任員は・・・

  • 人事・採用業務の超ベテランです。
  • 全員、大手企業の管理・営業・技術部門出身者です。
  • 学校訪問業務に熟達しています。
  • 全員「プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®」有資格者です。
  • キャリア・ブレーンは、「有料職業紹介事業許可」を取得しています
    (許可番号:13−ユ−300164)。

キャリア・ブレーンの大学訪問専任員のプロフィールはこちらから確認いただけます。

「新卒獲得支援通年プロジェクト」についてのお問合せ
皆様からのご質問・ご相談をお待ちしております。お気軽にお問合せください。

▲ページ先頭へ