人事制度全般をコンサルティングし、業務目標管理制度の導入により人事施策の充実を支援

人事コンサルティング

業務目標管理制度の導入 - 「目標管理制度」定着への施策

社員100名から500名程度の規模の企業様に最適な制度を丁寧につくります。
同時にその制度スムーズに導入、受け入れる企業風土を研修によって浸透させます。


キャリア・ブレーンでは「人は誰でも自らの内部に、自己を成長させ、実現させる力(growth drive)を持っている」という考え方にもとづき、社員の皆さまが自らの可能性に気づき、実り豊かな会社生活を送ることが出来るように、人事施策の充実を支援します。
管理者層に対する「業績評価・目標管理」研修は喫緊の課題ではありますが、これからの貴社の成長発展を可能にする総合的な人事制度構築の中での研修と位置づけたいと存じます。
あわせて管理者に対して、有効な部下管理の方策を伝授し、実践していただくことにより組織の効率的運営を図っていただきます。
一方で、貴社を取り巻く環境はつねに激しく変化していきますので、制度構築に完璧を期し、いたずらに時間をかけることは避けるべきと考えます。できることからはじめるという姿勢も大切です。

1.業務目標管理制度の導入決定
項目 内容
1.目標管理制度導入の決定 役員会・幹部会にて導入を決定する
2.全社員への趣旨徹底 社長年頭挨拶、社内報等で全社員に導入の趣旨を説明し理解を求める
3.諸制度の整備 資格制度・評価制度・賃金制度・昇格制度等を整備する
貴社としての諸制度の整備が必要となる
各制度を一貫して検討するための総合人事コンサルティングを行う(社内+社外※)
4.評価方法の決定 公平性の担保
5.幹部 ・管理者向け研修 評価制度、目標面談についての考え方の共有化
6.全社員への制度説明 全社員に新制度の詳細を説明し、理解を求める

※キャリア ・ブレーンでは、「プロフェッショナル ・キャリア・カウンセラー®」と「社会保険労務士」のダブル資格保有者が対応します。

2.業務目標管理制度の実施
項目 内容
1.「業績評価」研修 業績評価について管理者クラスの共有化を図る
2.「業務目標管理」研修 目標管理について各クラスの共有化を図る
経営幹部向け、管理者向け、被評定者向け研修
3.面談の実施 年度末に次年度の目標についての面談を行い双方納得した形で目標を決定する
4.中間フォロー面談 3ヶ月、あるいは6ヶ月終了した時点で目標の実施状況について中間フォロー面談を行い必要なときには目標の見直しを行う
5.実績面談 年度が終了した時点で目標の実施状況について確認の面談を行い、実績について双方の確認を行う。併せて、双方協議の上、次年度の目標を決定する。
6.一次評定者評定 個別面談にもとづき、一次評定者が評定する。
7.二次評定者評定 一次評定者の評定にもとづき、不足分を付加する。
8.全社成績判定会議 全社における成績判定を行う(幹部+人事)
9.成績通告面談 全社成績判定会議の結果を、管理者が本人に通告する。

業務目標管理制度の導入についてのお問合せ
皆様からのご質問・ご相談をお待ちしております。お気軽にお問合せください。

▲ページ先頭へ