若手社員、新入社員の早期離職率を下げ定着率向上を目指す、社会人基礎力、コーチング研修プログラム

人事コンサルティング

若手社員定着率向上プログラム

キャリア・ブレーンが「若手社員定着率向上プログラム」をお勧めする理由

若手の獲得競争が激しく採用コストが上昇する半面、入社後短期間で退職する社員が増えています。厚生労働省の調査によると、大卒社員の3割強が入社後3年以内に退職しています。多大な費用と労力をかけて獲得した人材の早期流出は企業にとって大きな痛手で、社員のつなぎとめが重要課題になっています。
「若手社員定着率向上プログラム 」はこの喫緊のニーズに応えるものです。新入社員と指導する先輩社員の両方を対象にし、お互いが快適に働ける職場環境づくり実現を支援します。

若年者の離職理由として、「仕事が自分に合わない・つまらない、人間関係がよくない、会社に将来性がない」などが挙げられます。しかしながら、4年間仕事に従事してはじめてキャリアといえるものになるといわれます。仕事に全力投球すればおのずと仕事は面白くなり、自身の得意技となるのです。「仕事が自分に合わない、人間関係がよくない、会社に将来性がない」などという理由で、若年者が離職していくことは、上長や先輩社員の責任といえます。
一方、若年者の中に会社をスキルやキャリアをアップする場と割り切って考える人が増えていることも若者の離職率を高めている要因といえます。就職に対する若年者の価値観が変ってきていることに気づかねばなりません。

入社3年を超えれば離職率は大きく低下します。企業側の暖かい心遣いで、せっかく採用した前途有為な青年の早期離職を防ぐことができれば、企業にとってこんな有意義なことはありません。企業の将来の発展は、若々しくみずみずしい感性溢れ、行動力ある青年に委ねられているからです。
しかし、入社後の早期離職率は、これから数年はさらに上昇することが予想されます。就職活動においてあまりに簡単に沢山の内定が獲得できた経験は、安易に転職を考えるであろうことは容易に想像がつきます。企業にとってゆゆしきことです。
キャリア・ブレーンが若手社員定着率向上プログラムをお勧めする理由はここにあります。

「若手社員定着率向上プログラム」とは

「若手社員定着率向上プログラム」は、若年者の価値観の変容に合わせて、新入社員研修を修了したあと、後輩社員が入社してくるまでの間、社会人基礎力修得のための研修を継続して実施するものです。
職場で実務に携われば力不足を痛感する社会人基礎力の修得は新入社員の向上意欲を満たすものだけではなく、職遂行能力の修得によって業務効率の向上が実現します。新入社員のスキルやキャリアアップへの意欲に応える具体的な施策として実施するものです。

「若手社員定着率向上プログラム」は、同時に先輩社員に、「新人にやる気を出させる方法」や「仕事の与えかた」「どういう態度で接すればいいか」を指南するコーチング研修がリンクしています。

「コーチングとは、相手が望んでいる目標があり、その目標を自ら達成することができるように、相手の持っている個人的な特性と強みを活かして、相手がその能力と可能性を最大限に発揮することを目的として、相手を自ら考えさせ行動を促すために、相手の取るべき手段を引き出すためのコミュニケーションサポート(支援)」と定義されます。
先輩社員が新入社員に対しコーチングマインドを持って接し、日々コーチングを実践することによって仕事の効率は大きく向上するとともに、新入社員は期待通りすくすくと成長していきます。

「若手社員定着率向上プログラム」は先輩社員のコーチングスキルの修得と職場での実践によって、始めて所期の効果が実現します。インターネットやテレビゲームの普及などにより子供のころから対人関係が希薄な若年層が増えたことが離職率を高くする原因と考えられますが、放置・傍観しているだけでは課題の解決にはなりません。課題解決に企業側からの積極的な行動が求められているのです。

「若手社員定着率向上プログラム」についてのお問合せ
皆様からのご質問・ご相談をお待ちしております。お気軽にお問合せください。

▲ページ先頭へ