【週刊現代 1月27日号 「働き得する会社、働き損する会社」】

記事紹介 - 週刊現代 1月27日号 -

特集記事「働き得する会社、働き損する会社」についてのコメント掲載

株式会社キャリア・ブレーン 常務取締役 萩原俊樹が週刊現代の1月27日号 特集記事「働き得する会社、働き損する会社」についてのコメント取材に対応いたしました。

萩原俊樹はこの中で、「働き得する会社どうかを見分けるポイントは、サラリーマンが成果主義の査定部分をどう理解しているかにかかってきます。つまり、どのように評価されるのか、人事考課の内容がきちんと伝えられていて、それが公正に運用され、賃金に反映されているか見えやすいかどうかです。〜以下省略」 とコメントしております。

キャリア・ブレーンでは、社員の方が「働き得する会社」として自社を認識し、仕事を通じて自己実現をしてこそ会社の発展があると考えております。そして、そのためには公平性・透明性の担保された制度の実現が不可欠であると考えており、上のコメントや取材内容とマッチングしているサービスとしまして、業務目標管理導入-「目標管理定着への施策」をご提案しております。

研修といたしましては、「業績評価研修」「業務目標管理研修」をご用意しております。

記事関連研修のご紹介

▲ページ先頭へ