再就職支援のパイオニア

【ECO】コーチの仕事、役割、意味:コーチングを知る

コーチの仕事、役割、意味:コーチングを知る

コーチとは

ビジネスの現場では、多様化・複雑化・スピード化した情報に正確に対応し会社の目標達成を図るために、経営者自身、そして中間管理職が会社の目指しているものを明確にし、それを達成するための方法を社員一人ひとりが自らの意志で考え、行動できるように導くことが必要になります。
そのため、部下の考えていることを的確に掴み、素早く行動に移ることができる、コーチングスキルをもった人材が求められているのです。
企業や学校における「コーチ」とはビジネスに精通し同時にコーチングスキルを保持し、リーダーシップを発揮する仕事のプロのことです。
日常生活の場面においては、個人の考え方が多様化していることから家族、友人、知人の間でのよりよいコミュニケーションを図ることが大切になっています。
日常生活における「コーチ」とは、コーチングスキルを保持しコーチング能力を発揮する日常生活のプロのことです。

「コーチ」の役割

コーチは、クライアントの考えや思い(感情)に焦点を当て、何が目標を達成するための障害になっているかを明らかにしていきます。また、目標そのものを決定するためにかかわりを持つこともあります。
常にクライアントの傍らにいるということをイメージさせ、必要であれば、提案をすることもあります。
人は自分の考えを話すことによって自分の中にある「答え」に気付きます。そのために、コーチは、積極的にクライアントの話を聴き、答えをまとめやすくするのに役立つ質問をします。また、人の中にある「認められたい、ほめられたい」という思いを実現させるために、あなたがそこにいるということを認める発言をします。更には、自分自身では気付かない方向からの視点がたくさんあることに気付かせたりしながら、人の「やる気」をコミュニケーションによって引き出します。
クライアントの目標達成道程の「同行二人」といえます。仏教(遍路)用語の「お大師さまとの二人連れ」の意味よりも、「自分を信じるもう一人の自分」を常に意識させるパートナーです。クライアントのさまざまな知識と経験を整理し、資源(知恵)として活かすためのヒントを、質問を投げかけることで引きだし、方向性・意思の確認をし、行動を促す役割をします。
自発的な行動を促すために、上から下へ一方的に技術やノウハウを教えることはしません。あくまでも、対象者の持つ力に信頼を置き、その力が引き出せるようにサポートしてゆくことがコーチの役割です。指導するのではなく支援するという立場を取ります。

コーチの持つ意味

ビジネス・日常生活すべての現場において要求されるのは、相手に対するやさしさだけでもなく、厳しさだけでもありません。そこで要求されるのは実践的なコーチングスキルに裏づけされた対応の仕方です。
高度のコーチングスキルを身につけ、卓越した知識と技能をもった「プロのコーチ」となることが、変化の激しい現代という時代の要請にあったものと言えます。

ビジネスの場におけるコーチの持つ意味

会社のミッションをわかりやすく説明することによって、自分の目標、部下の目標の確認をはかります。
上・下・斜め・横との全方位的なコミュニケーションスタイルを行うことにより、情報の共有化をはかります。
会社の長期戦略、中期戦略にそって、自分の属している組織における対応の優先順位をつけ、部下と共有します。
今、何をしなければいけないのかを、自らも考え、部下にも考えさせることによって、自分も部下も高いモチベーションが持続できます。
目標を共有化し、事態を客観的にみつめることによって、部下がより自発的に動くようになり、その結果組織の目標がより早く達成できるようになります。
部下からの提案については真摯に受け止め、採用・不可の判断理由についてその内容を部下と一緒に検証します。 次の世代の人材育成を仕事を通して行います

パーソナル・コーチの持つ意味

自己実現しようとしているクライアントが自ら考えることによって、自発的に動くようになります。コーチが指示・指導したのでは、その時は動いても、やらされ感しか残りません。それでは、クライアントのためになりません(コーチの自己満足だけです)
子供が自ら考えることによって、自発的に動くようになります。頭ごなしの説教では、その時は動いても、やらされ感しか残りません。それでは、子供のためになりません(親の自己満足だけです)
子供が自発的に動くことによって、子供の気持ちが理解できるようになるのです。
親と子が想いを共有化することによって、子供も親が何を考えているのか、理解できるようになります

生徒が自ら考えることによって、自発的に動くようになります。答を与えたのでは、生徒のためになりません(先生の自己満足だけです)
生徒が自発的に動くことによって、一人ひとりの生徒の気持ちが理解できるようになります。
先生がクラスを指導し、指揮していっぺんに動かすのでは、個々の生徒の気持ちは理解できません。
先生と生徒が一対一でコミュニケーションをとることにより、生徒も先生の気持ちが理解できるようになります。

夫婦、恋人同士がお互いを認め合い、相手の立場になって物事を考えるようになり、よりよい人間関係がはぐくまれます。一方的なコミュニケーションでは、良かれと思ってしたことも、場合によっては愛情の押し売りになってしまいます。最悪のケースではスト—カーとなってしまいます。
友達同士においても同様にお互いを認め合い、相手の立場になって物事を考えるようになり、よりよい人間関係がはぐくまれます。
看護、介護の場面においては、相手の気持ちを尊重することにより、本音の会話ができるようになります。
家族全員・身の回りの人間関係が構築されることにより、明るく楽しい人生をおくることができるようになります。

コーチのコンピテンシー:コーチングを知る

コーチに必要とされる能力・資質・行動特性

コーチは社会人として特に次の条件を満たしていることが必要とされます。

  1. 人間性(人をひきつける魅力があること)
  2. 誠実さ
  3. 熱意
  4. 清潔感
  5. ホスピタリティ
  6. コミュニケーション能力
  7. 営業マインド
  8. 原価意識
  9. 明るさ
  10. 行動力
  11. 達成意欲
  12. 信頼感
  13. ストレス耐性
  14. 基本的なOA・事務能力
  15. 協調性

社会人に求められる基礎能力

コーチは社会人として特に01の15の条件を満たしていることがこのましいとされていますが、その前提として社会人がもっている基礎的な能力としてつぎにあげる要素をもっています。

経済産業省「社会人基礎力に関する研究会」中間取りまとめ(平成18年2月8日)
分類 能力要素 内容
前に踏み出す力
(アクション)
主体性 物事に進んで取り組む力
働きかけ力 他人に働きかけ巻き込む力
実行力 目的を設定し確実に行動する力
考え抜く力
(シンキング)
課題発見力 現状を分析し目的や課題を明らかにする力
計画力 課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
創造力 新しい価値を生み出す力
チームで働く力
(チームワーク)
発信力 自分の意見をわかりやすく伝える力
傾聴力 相手の意見を丁寧に聴く力
柔軟性 意見の違いや立場の違いを理解する力
状況把握力 自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
規律性 社会のルールや人との約束を守る力
ストレス
コントロール力
ストレスの発生源に対応する力

求められる人材像:コーチングを知る

経営者に信頼されるコーチ

「経営者に信頼される」ということは、コーチングを通して「利益をもたらすことができるか」ということです。
企業経営者は、しっかりとした「経営理念」(価値観、こだわり、信念)を持ち、会社にとって社会に果たすべき使命は何かを「ミッション」として発表、そして事業を通して実現したいことを「ビジョン」として打ち出すわけです。
会社とは、この「経営理念」「ミッション」「ビジョン」を第一線の現場まで共有化し、そのためには何をするかを考え、行動していくものです。
そのため、コーチとしては何をなすべきなのか、コーチングスキルをどのように使い、コーチしていくのか、その結果としてどういう社内風土を構築していくのかを考える必要があるわけです。この社内風土については、経営者との徹底的なディスカッションから生まれてくるものです。経営者と徹底的に討論することによって、その会社のもっているもの、経営者の考えているあるべき姿がみえてくるのです。そうすることによって、コーチとして経営者から信頼されるのです。

部下・同僚から信頼されるコーチ

会社が答を提供していた過去の時代に要求されていた社員像:
(1)上からの指示・命令にただ黙って従って、指示された仕事を黙々とする社員
(2)まじめで、ただ一生懸命に頑張っている社員
(3)自分の分をわきまえ、その枠からはけっしてはみ出さない社員
(4)上の考えていること、組織の考えていることを、自分の考えとして行動する社員
自ら知恵をだし答を創造していく現在に要求される社員象:
(1)上からの指示・命令を自分のものとして咀嚼し、理解して仕事をする社員
(2)自分の考えを持ち、自分で考えて仕事をする社員
(3)自分の意見をしっかりと話し、上司・同僚と相談しあっていく社員
(4)上司・同僚とのコミュニケーションをきっちりととり情報交換を行い納得の上で仕事をする社員
クライアントが必要としていること「答え」を、クライアント自身が早く、確実に見つけるために、それをサポートするコーチが必要なのである:
(1)コーチとして全力を傾けて支えます。
(2)コーチがサポートすることによって、クライアントが早くできるようになります。
(3)中途半端にあきらめて、サポートを放棄しないことです。
(4)コーチ自身が、むりやりにクライアントを引っ張っていってはいけません。

優れたコーチは、この社員たちの自らの変革行動を支援することによって、部下・同僚から信頼されるコーチとなるのです。

ストレス耐性のあるタフなコーチ

コーチの仕事は魅力的な反面、ストレスがたまりやすいということも事実です。人の心に訴えていく仕事であり、人が思ったように動いてくれない。心を開いてくれないということはよくあることです。「他のコーチとのレベルの差」「クライアントからのクレーム」「経営者からのクレーム」「同僚・部下からのクレーム」自身にとって痛手となりうるストレス要因がたくさん存在します。どのようなストレスに自分は弱いのか?どのようにストレスと付き合うのか?ストレスマネージメントをいかに行えるかが、充実した仕事の時間を過ごすためのポイントになります。

クライアントに好かれるコーチ

クライアントは自ら「答え」を持っているのです。そして、コーチはその答を表に出してあげる手助けをするのです。(コーチは、クライアントが持っている潜在した「答え」を顕在状態に導く支援をします)。
一見するとクライアントは、コーチからの「答え」を求めているように感じられます。
「私はどうしたらいいかわかりません。コーチのおっしゃるとおりにしますので教えてください」多くのクライアントがこのようにコーチにすがろうとします。しかしながら、クライアントのことを一番よく知っているのは、クライアント本人であり、どうしたらいいかを知っているのもクライアント本人なのです。それが、クライアント本人にはわからなくなっているだけです。それゆえ、コーチはクライアントの話をよく聞き、クライアントを認め、クライアントに質問することによって、クライアントの本当の気持ちを、青天白日のもとに現して、クライアント自身がそれに気付くのを手助けするわけです。
クライアントは、コーチとの良好な関係を望んでいます。クライアントと良好な関係を築けるコーチこそが、クライアントに好まれるコーチと言えるのです。良好な関係とは、クライアントに対する注意や教育もできることも含まれています。

営業ができるコーチ

コーチは自ら行っているコーチングというものが、いかに効果のあるものであるかを啓蒙していく必要があります。
コーチを業として行い競争に勝っていくためには、自らのコーチング講座の企画立案(企業経営幹部のコーチング講座、幹部候補者のコーチング講座、などの企業内コーチング講座、子育て・家庭円満の秘訣コーチング講座、等々)を行い、それをみずからPRして歩く、営業センスが求められます。
営業にコーチが同行して相手先の要望をヒアリングし、相手先の実情に合わせたコーチング講座を提供していくことも必要なことです。

クレーム処理の上手なコーチ

どんな仕事においても、すばやいクレーム処理というのは重要なポイントになります。特にコーチの仕事・コーチングの実践においては、対象が人間で構成されるということから、想像しえないトラブルが発生するのです。クライアントがコーチに土足で入り込んでこられたとの感情を持つこともあり、人間関係がこじれてしまうこともあります。
クレーム処理が上手とはどういうことでしょうか。
クレームは高い確率で起こるものです。クレームは起こるものと考え日々行動することが大切になります。そして起こってしまったクレームといかに向き合えるかが重要になります。たとえクレームが起きたとしてもプラスに転換する気力と発想が必要なわけです。

コーチとして成功する方法:コーチングを知る

コーチングをビジネスとして成功させるために考えなければならない30項目

  1. クライアントをどうやってみつけるか
  2. シェアと利益確保は営業強化が最重点課題である
  3. コーチングサービスとは誰に何をどうすることなのか
  4. クライアントは「コーチングサービス」に何を望んでいるのか
  5. コーチはクライアントに何をしてあげられるのか
  6. 固定費を極力低くする方法はスタッフのアウトソーシング度合いが鍵
  7. スタッフの正社員の比率はどうするか
  8. コーチングとは具体的に何をすることなのか
  9. コーチングにこだわるとこのビジネスは失敗する
  10. コーチングの品質は何か(金をかけすぎないことが成功の鍵)
  11. 業界のコーチングのレベルはどの程度か
  12. コーチング情報はどの程度集めればいいか
  13. 他社からのコーチング情報はどの程度有効か
  14. 安く良質なコーチング情報はどうやって集めるか
  15. コーチングの費用を誰からもらうのか
  16. コーチングサービスではいくつのブースが必要か
  17. コーチングサービスで本当に必要なものは何か
  18. クライアントのコーチング活用度はどのくらいか
  19. コーチはどうやって募集するか
  20. コーチの養成はどうするか
  21. コーチングマニュアルはどうするか
  22. 受注の不安定性にマネジメントが対処する方法は
  23. コーチングはどのくらい必要か
  24. 満足度の測定値は何か(クレーム発生をどうやって事前に察知するか)
  25. コーチングサービスはクライアントにどのように評価されているのか
  26. 競合に勝つノウハウは何か
  27. 必要十分なサービスを確保したうえで、合理的な価格設定をどうするのか
  28. 価格競争に巻き込まれない秘訣はコーチング能力が鍵
  29. 事業構築をどう進めるか
  30. 短期間に事業を立ち上げ成功する秘訣は何か

コーチをビジネスとして成功させる秘訣

コーチング能力は、あらゆるビジネスの場面で必要なものです。ビジネスの場面では、まさしく、コーチは企業経営の中枢を担っているのです。経営者から見て部下の指導ができる、優れた「コーチ」を採用し、育成し、定着を図り、活用することはまさしく経営の根幹をなすものなのです。コーチとしてあなたが成功するには、「稼げるコーチ」になることが不可欠なのです。

コーチングを取り入れて日常生活のなかで成功させる秘訣

コーチング能力は、ビジネスのあらゆる場面ではもちろんのこと、日常生活の様々な場面において必要なものです。日常生活の中での普段の何気ない会話の中でコーチングスキルを活用することによって、親と子、夫と妻、老人と子供、友人同士などの間で円滑な信頼関係をつくり、保つことができるのです。

コーチ資格は次の方々に最適な資格である。

自身のキャリアアップを図りたい個人の方:
・自己実現したい
・自分の市場価値を意識したキャリア開発
・就職・転職・個人事業活動に役立つ他者と差別化したノウハウ・スキルの獲得
・日常生活の中でよりよいコミュニケーションを図りたい
新たな活路をつかみたい個人の方:
・現在の仕事に加え、もう一つ柱を作りたい
・資格を活かして、社内異動し新たな仕事につきたい
・独立開業して、大きく稼ぎたい
・プロのコーチとして活躍し、 世のため、人のために役立ちたい
大学生の方でご自身に付加価値をつけたい方:
・コーチの仕事に興味があり、自己実現したい
・自分に付加価値をつけるキャリア開発
・就職・個人事業活動に役立つ他者と差別化したノウハウ・スキルの獲得
ビジネス業界で活躍中・これから活躍したい方:
・部下の人材育成
・部下の指導
・企業目標の貫徹を図る
・管理職としてバリバリ働きたい
以下の資格をお持ちの方でダブル/トリプル資格でご自身に付加価値をつけたい方:
・社会保険労務士
・エイジング・アドバイザー®
・プロフェッショナル人材コーディネーター
・プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®
・介護カウンセラー
・産業カウンセラー
実生活の場面でコーチングを使いたい方:
・子育てに有効につかいたい
・生徒達の悩みの解消を図りたい
・家族全員が明るく楽しい生活を送りたい
・友達とのよりよいコミュニケーションを図りたい

各種講座

ご質問、お申込みなどはこちらまで TEL 03-3413‐1974 受付時間 9:00~17:00【土・日・祝日を除く】

各種講座

PAGETOP
Copyright © (株)キャリア・ブレーン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.