再就職支援のパイオニア

【ECO】コーチングについての声

『コーチング』について卒業生の声を中心に、さまざまな職種や実際の活用に伴う声をピックアップしました。

卒業生の声

1.中堅不動産会社 プロジェクトリーダー 東京都在住 41歳 男性
当講座を受講するまでは、部下の不出来ばかりが目に付き、苛立つことが多かったように思います。まずは、部下の言い分を良く聴くこと、そして問題点・改善案を部下自身に見つけさせること。これだけで、職場の雰囲気が変わりました。叱られることを恐れて相談に来なかった結果、問題が大きくなってしまう、ということもなくなり、私も安心して仕事を任せられるようになりました。「伸び伸びと仕事ができ、自分に自信がついた。」と部下に言われたことが一番嬉しかったです。
2.公立中学校 教諭 兵庫県在住 35歳 男性
「コーチング」については、本を読んで理論は理解していました。が、実際にトレーニングを行う場がなく、自己流で実践してきました。当講座では、傾聴、承認、質問などを実際にロールプレイすることにより、コーチする側、される側の心理を体験することができ、これなら現場で実行できる、と自信がつきました。仕事の場だけでなく、日常生活においても、対人関係に活かしていきたいと思います。
3.地方公務員(市役所) 職員 長野県在住 48歳 女性
先週「認定コーチ」資格を取得した○○です。先生方の熱心なご指導で、飽きっぽい私が脱落することなく無事資格を取得することができ感謝しております。管理職でもなく、部下育成の仕事をしているわけでもない私が「コーチ養成講座」を受講してもと思いながら、最近話題になっているし、期間も短く費用もさほど高くないので一応のぞいてみようかという消極的な姿勢で参加したのですが、非常に多くのものを得ることができました。
コーチングというのは、人を動かす技術だと思っていましたが、自分自身を成長させることが出来るのですね。この三日間でコミュニケーションの大切さと、なぜ今まで人間関係がうまく行かなかったのかを知ることが出来ました。今後は職場の同僚や友人との会話に、学んだことを積極的に取り入れていこうと思っております。できればシニア・コースも受講して、周りの方にも教えてあげることが出来たらと思っています。
4.私立大学事務長 定年退職 神奈川県在住 61歳 男性
退職後、自分のキャリアに人材ビジネスとしての独立開業を考えておりましたところ、コーチ養成講座を知り、プロとしてのコーチをめざそうと、即、決断。受講、無事修了することができました。講師の先生方には微に入り、細に入り、ご指導を頂き、感謝にたえません。コーチングスキルの基礎から応用、そして独立開業の道までと、即、現場で活かせるものばかりでした。卒業後、学校教員及び若いドクターに対するコーチング研修、そして地域のPTAからも声がかかり精力的に活動をしております。さらなる自己研鑽をして真のプロをめざしたいと思いますので、今後ともご指導、よろしくお願いいたします。
5.大手飲料メーカー 営業管理課長 東京都在住 42歳 男性
最近の部下は管理し難いと感じ、「シニア・コーチ養成講座 」を受講。部下とのコミュニケーションのとり方次第で、管理どころか、部下の育成につながることを実感し、目からウロコの思いでした。ロールプレイによる演習やチェックシートによる自分のコミュニケーションスタイルの見直し、事例研究は実践性に富み、部下とのコミュニケーションが劇的に改善。今度は、「認定エグゼクティブ・コーチ」を目指すつもりです。
6.公立高校 教師 福岡県在住 38歳 女性
「コーチングなんて簡単さ」と思っていました。本を一冊買って読んでその通りやればOKのはず、だったのですが・・・
実際の場面では本の通りにはいきませんでした。こちらは本通りのアプローチをしているのに、相手は本に書いてある通りには動いてくれません。ロールプレイング等実際の場面で個々に違う相手に対処する方法を教えていただいた本講座で初めて相手を思いやる大切さを学びました。
7.NPO法人○○○○ 職員 東京都在住 35歳 女性
以前、JIPCCクラブ(NPO/日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会主催定例セミナー)の人材ビジネスセミナーに参加し、コーチングに興味を持ちました。もっと本格的にスキルを身に付けたいと思い、キャリア・ブレーンのコーチ養成講座を受講しましたが、短期間でも無理なく確実にステップアップできたことに、自分でも驚いています。ビジネス・スキルとしてはもちろん、日常的なコミュニケーションにも即役立ち、今後のキャリアアップにつながる講座として、多くの方々にお勧めしたいです。
8.中堅生命保険会社 個人向け販売部長 東京都在住 41歳 女性
昨年秋の人事異動で、中堅の女性社員ばかりの職場に異動になり、どんなマネージメントをすればよいのか深く迷っているとき、この講座があることを知り、さっそく自己啓発のつもりで受講しました。コーチングという言葉を知っている程度で、具体的には何もわからないスタートでしたが、担当講師の包み込むような話し方と暖かい雰囲気に、すぐに心が前を向き、いつの間にか「こんなに話しちゃった」というくらい引き込まれていました。キャリア・ブレーンのカリキュラムは、短時間に実践で使える技術が実につけられ、経済環境の変化がめまぐるしい業界にいる私にとって、ほんとうに役に立つ講座でした。コーチングにゴールはないといわれますが、これからもセミナーの受講などを通して、キャリア・ブレーンの質の高い講師の皆さんから、テクニックとスキルを学び続けたいと思います。

 

主婦の卒業生の声

1.専業主婦 子供:小学生 男子1名 女子1名 埼玉県在住 38歳
講座の実践練習の相手は、もっぱら子供たちです。「〜しなさい」「〜してはいけません」の一方的な命令では言うことを聞かなくなった年頃。自我が芽生え始めて、自分なりの考えのもとに行動しているんですね。実習で習ったように、傾聴することで、子供の言い分をまずは受け入れ、「そう、そうしたらどうなるの?」と質問。答えに困ったら「お母さんはこう思うんだけどどうかな?」と。人格を持った一人の人間として対話をすることで、子供自身が納得して行動するようになりました。
いずれは社会復帰しようと考えていますが、「子育て期間にコーチング技術を磨いた」というウリができました。
2.パート主婦 子供:中学生 男子1名  大阪府在住 41歳
高校受験を控えた息子との関係に悩み、藁をもつかむ気持ちで受講しました。話しかけても答えず反抗的な息子の態度に腹を立てながらも、干渉しすぎて暴力をふるうようになったり、ニートや閉じこもりになっても困ると思い、身動きできない自分に対しても自己嫌悪の毎日でした。講座を受講したおかげで、問題は息子ではなく私の方にあるということが分かりました。講義の進め方も非常に判り易かったのですが、特に実習で「話し方・聞き方」を実感として理解することが出来ました。今は講座で学んだことを日常生活の中で日々実践しております。
半分投げ出していたことに対して、私自身がやってみようと思ったことで気持ちが前向きになりました。まだ良好なコミュニケーションとまでは言えませんが、私の明るい気持ちが息子にも伝わったのか、以前のようにイライラする態度がなくなってきました。自分自身が成長しながら、息子の成長を暖かく支えていけたらと思っております。
3.派遣会社職員&主婦 子供:小学生 男子 幼稚園 女子 東京都在住 37歳
中学受験を控えた息子との関係に悩み、藁をもつかむ気持ちで受講しました。遊びたい年頃の子供に「受験」という試練を与えて、果たして良いものかどうか、「なぜ、勉強するのか」という問いにまともに答えられない自己嫌悪の毎日でした。12歳の子供の戦争は過酷です。かわいそうだという気持ちが先行し、子供の向き合うことが怖くなりました。「頑張れ」という言葉がなんだか空回りしているようだったのです。しかし、この講座を受講したおかげで、決定的に自分に欠落している部分を発見することができたのです。それは「承認すること」です。「人間は他人に自分の考えや存在を認めてほしいという心理的な欲求をもっている」ということ。私はなかなか伸びない子供の成績や偏差値のことで一喜一憂し、その場で努力した一歩一歩を認める姿勢をもっていなかったのです。素直にほめ、そしてモチベートする、簡単なことのようですが、やはり「スキル」があるんですね。コーチングで学んだ「スキル」は、私に生きる余裕を、そして財産を与えてくれました。本当にありがとうございます。
4.専業主婦 子供:大学生 男子1名 中学生 男子1名 神奈川県在住 45歳
これまで、息子のことで悩んでいました。受験生なのに、勉強しないで遊んでばかり。注意するとふてくされて反抗し、それを見た父親が怒り出し親子喧嘩が絶えませんでした。コーチングを学んで、息子が自主的に行動するようなかかわり方を出来るようになったところ、息子も素直に自分の将来を見据え猛勉強し、この春、無事に希望校に合格しました。
今では、互いを思いやることの出来る仲のよい家族となり、笑いの絶えない毎日を送っています。
5.派遣会社登録社員&主婦 子供:幼稚園 女子1名 東京都在住 30歳
子供につい感情的な叱り方をしてしまっていた私。涙ぐむ娘を見るたびに「しまった」と反省し、子供との接し方について悩んでいました。そんなとき「コーチ養成講座」を受講する機会を得、受け答え一つで相手の心を落ち着かせてやる気を引き出すことができるということを学びました。
受講後は、叱ったり責めたりする前に一呼吸置いて「そうか」「そうなんだね」と言い分を認めることや、子供が言った言葉をそのまま返すことを心がけています。そうすることでお互いが冷静になり、物事をじっくり考えることができるようになりました。以前より娘がのびのびとしているように感じられ、育児の不安が軽減しました。

 

経営者の声

1.中堅問屋 社長 神奈川県在住 48歳 女性
人を雇い、会社を運営するにあたって、経営陣の視点と、雇用者の視点は違って当然。「社員の自主性を重んじ、やる気を高める」というのは従来から言われていること。しかし、双方のゴールが一致していなければ成果には結びつかない。その具体的方法がわからずに模索している経営者がなんと多いことであろう。
当講座において、経営者自身、そして、中間管理職が「コーチングスキル」を学ぶことにより、会社が目指すものを明確にし、それを達成するための方法を、社員一人一人が自らの意志で考え、行動できるよう導くことが可能になります。
単なる理論のみにとどまらず、ロールプレイ等の実習を通して、即実践できる力をつける当講座は、経営陣にとって、目からうろこの画期的な講座です。
2.中堅機械部品メーカー 社長 東京都在住 58歳 男性
当社はワンマンな私の性格が災いしてか、大変真面目ではありますがおとなし過ぎる社員が多く、厳しい競争に曝され常に進化し続けなければ生き残っていけない社会情勢の中で、果たしてこのままで良いのだろうかと、常日頃から物足りなさを感じておりました。
部下育成にコーチングが効くという情報を得、半信半疑で思い切って先月管理職3名を受講させましたが、その効果に大変驚いております。
まだほんの1ケ月しかたっておりませんが、今までは私の独演会だった会議の様相があきらかに変わってきたのです。部長連中が自ら戦略を提案し、結果を約束するようになってきました。そんな彼らの様子を頼もしく感じるようになったのでしょうか、心なしか社内全体の空気が活気づいてきたように思います。この変化を本物の変化として定着させるために、社内での勉強会を検討中です。
3.化粧品会社 社長 神奈川県在住 55歳 女性
当社は、事業部制となっており、部長クラスに権限を委任しています。設立当初から利益追求を旨として商売を行って参りましたから、人材育成や研修という分野には興味がありませんでした。ある日、「勝ち組企業は、バブルの時代からも人材の育成に力をいれてきた企業」というフレーズが目に留まり愕然としました。ここのところ理由がわからずギクシャクしている職場の雰囲気・人間関係を振り返り、果たしてこのままで良いのだろうかと疑問に思っていたところだったのです。部下育成にコーチングが効くという情報を得、半信半疑で思い切って先月管理職3名を受講させましたが、その効果に大変驚いております。今では、管理職らの部下育成に対する考え方が変わり、双方のコミュニケーションは円滑に進み、仕事に対するモチベーションがアップしているようです。彼らに言わせると「支配・従属的な関係から協働的な人間関係への変革」がキーとなっているようです。私自身もコーチングを受講してみようと思いました。
4.化学品販売商社 社長 愛知県在住 50歳 女性
何時の時代でも企業を支えていくためには売上、利益、資金繰りがうまく噛み合って回転していくことが条件であることは、変わりがない。しかし、これと同等に重要なこととして「人と組織の力」を忘れることはできない。企業の経営資源はヒト、モノ、カネ、である。「ヒトは文字どおり人財」という観点から、人材育成に心がけているが、上手く噛み合っていないのが現状である。特に中間管理職が部下とのコミユニケーションのまずさから、若い社員が定着できていない。この講座のカリキュラムを拝見したところ、私が求める、理論のみならず、即実践、可能な理想的な研修内容であったので、積極的に参加させていきたいと思う。多いに期待している。
5.ITベンチャー企業 社長 埼玉県在住 38歳 男性
最近、社員の目標達成の意欲が低下していると感じ、コーチングトレーニングを受けた。社員の質が問題だと思い込んでいたが、実は自分のコミュニケーションスタイルがその原因であると知り、愕然。相手の弱点や結果のみに焦点を当てるのではなく、相手の存在を認めることで肯定的なメッセージを伝える「承認」こそが、相手の意欲を呼び起こすことを学び、今実践している。結果、社員との信頼関係が構築され、確実な成果が出始めている。
6.中堅機械部品メーカー 社長 大阪府在住 50歳 男性
我が社は業界でも老舗の中堅どころとして名を馳せていると自負しています。
このたび、新たな飛躍を目指し、新規事業を立ち上げることにし、社員を大勢採用いたしました。しかし、現業部門からベテラン社員を移すことも出来ず、新規部門のリーダーたちにキャリア・ブレーンのコーチングの講座を受講させたところ、部門のモチベーションアップになり、予想以上の成果に繋がり、さらに業界ナンバーワンを目指そうと画策している次第です。
7.精密機械部品メーカー 社長 東京都在住 58歳 男性
私どもの会社は従業員53名創業62年になるマンネリ化した零細企業です。今回、前々から社内活性化が出来ないか悩んできたことについて、友人の勧めで思い切ってコーチ養成講座に管理職、及び幹部候補生を中心に11名を選抜し送り込んでみまた。卒業後資格を取得した従業員を中心に会社のイノベーションを求め、自分は思い切って裏方に廻る方針を打ち出してみました。もの静かで消極的な個人プレイヤー集団が、3ヶ月になりますが個人のワザが組織の力へと変貌してきたことに驚いております。もちろん自分の古典的経営のまずさに目を覚まされた思いです。とても嬉しいことは、従業員全体の中に仕事に取組む明るい顔が戻ってきたことと、ユーザーに先んじて新しいニーズを見つけて仕事に取組むことになったこの心の結びつきです。オンリーワン企業として利益を高め給与を高めてゆくことが楽しみになりました。
8.中堅金属加工メーカー 社長 大阪府在住 55歳 男性
正しい答えが決まっている時代の人材育成は、自分が強いリーダーシップを発揮して、「右」「左」と号令をかけていれば成績も上がり、利益も上がっておりました。ところが、今のように価値観が多様化し、生活スタイルも変化してくると、「右」といっても左を向く社員、「ついてこい」といってもしゃがみこむ、「いつも自信がなさそう」だと心配になるなど、私がどう、社員と向き合ったらよいか、まったく分からなくなりました。そんな時、キャリア・ブレーンの「認定エグゼクティブ・コーチ」の先生にめぐり合ったのです。「あなたはどうしたいのですか?」その一つの質問は、それまで考えもしなかったことを考えさせてくれるにはあまりに適切な質問だったのです。
「人を変えよう」「従わせよう」。そんな考えを改めてから、社員の笑顔が会社にあふれ、お陰様で社員が率先して動くようになりました。
9.中堅機械部品メーカー 社長 東京都 在住 62歳 男性
リストラ策を検討する日々。私を信じついてきてくれた社員を切り捨てるのか。ある時コーチングを学んでいる知人が私に唐突に質問をしました。「どうしてリストラをしなければならないのですか?」そして幾つかのやりとりがありました。知人が「ほら、答えをもっている」そうです。私は「リストラしかない」と決め付けていたのです。このような凝り固まった考え方が会社の成長も止めていたのかもしれません。
今私はコーチングを学び、会社を建て直しすべく、社員と共に奮闘する毎日です。

 

部下の声

1.化学品販売商社 営業担当 東京都在住 33歳 男性
職場の上司である○○課長の勧めで「コーチ養成講座」を受講しました。営業の仕事をしていますが、以前は上からノルマを押し付けられ、出来ないとハッパをかけられたり、プレッシャーをかけられたりしていました。そのような状態で徐々にストレスが溜まり、常に怒られることや失敗することを恐れビクビクしていました。
ところが、課長が養成講座を受講してから、同じ目線で話をしてくれるようになったんです。安心して問題点を相談したり、対策をいっしょに考えられるようになり、仕事が面白くなってきました。私自身がこんなに仕事に対して意欲を持てるようになれたコーチングをぜひ自分も勉強したいと受講しましたが、ビジネスの現場ですぐ役に立つ充実した内容に満足しています。身につけたスキルを社内だけではなく、お客様とのコミュニケーションにも役立てたいと考えています。
2.中堅総合商社 総務部 大阪府在住 33歳 女性
直属の上司の○○課長は、相談に行くと、決まって、腕を組み、威厳を持たせるかの様に睨みつけ、挙句の果てには、相談が終っていないにもかかわらず、パソコンに目を落とし面倒くさそうに、生返事を繰り返すのが定番でした。課長に相談してもまともに受け入れてくれない、との意識が働き、課長のもとへ足を運ぶことは、ほとんどなくなりストレスが溜まるようになりました。しかし課長が「コーチ養成講座」を受講してからは、課長の相談姿勢がガラリと変わり腕組みも、睨みつけることもなくなり、じっと話を聞いてくれる様になり、何でも相談をする気になりました。将来、私も部下を持つようになりましたら、早めに養成講座を受講したいと思っております。
3.ITベンチャー企業 アシスタント・ディレクター 東京都在住 30歳 男性
最近、部長・課長の様子が変化しているのです。とても嬉しいことは私の主張に耳を傾けて真剣に受け入れてくれることです、そして仕事を任せてくれることが多くなったことです。お陰様でやけ酒を飲まなくなりましたし、家族とぶつかることがなくなり、出勤も足が軽やかになり仕事への充実感を出てきました。以前の仕事の押し付け命令、がなりたてがすっかり無くなり、職場も明るくなり、社員同士のコミュニケーションも良くなってきたのです不思議です。今の職場なら上司のために“やろうと言う気”が出るし、ここで長く仕事を続けたい。
4.大手食品会社 係長 埼玉県在住 40歳 男性
退職後、自分のキャリアに人材ビジネスとしての独立開業を考えておりましたところ、コーチ養成講座を知り、プロとしてのコーチをめざそうと、即、決断。受講、無事修了することができました。講師の先生方には微に入り、細に入り、ご指導を頂き、感謝にたえません。コーチングスキルの基礎から応用、そして独立開業の道までと、即、現場で活かせるものばかりでした。卒業後、学校教員及び若いドクターに対するコーチング研修、そして地域のPTAからも声がかかり精力的に活動をしております。さらなる自己研鑽をして真のプロをめざしたいと思いますので、今後ともご指導、よろしくお願いいたします。
5.中堅金属加工メーカー 係長 奈良県在住 42歳 男性
初めてコーチングセミナーに参加した時のことを覚えています。
終わったあとの爽快感!年齢や職業など関係なく一人の人間として向き合い認め合う。自分の素直な意見を言えるのはとても心地良いものでした。
コミュニケーションタイプを知り、会社の上司、同僚の接し方も変わりました。どのタイプか興味を持って接することができるようになり、対人関係によるちょっとしたストレスも減りました。相手のタイプを知り、ふさわしい働きかけをすることにより自分に余裕が持てたのだと思います。キャリア・ブレーンのコーチ養成プログラムは、とても短い時間でコーチとしての自信を得ることができるところが魅力です。

 

クライアント(コーチングを受けた人)からの声

1.中堅醸造メーカー 開発担当 埼玉県在住 38歳 男性
特に可もなく不可もなく、同じ仕事の連続でマンネリ化している日常に行き詰まりを感じ、コーチングで何かを見つけられたらと思いお願いしました。
以前カウンセリングを受けたときは、たしかに気持ち的には楽になったのですが、時間がたつとまた元の状態に戻ってしまい、根本的な解決にはなっていないと感じていました。
今回キャリア・ブレーンでコーチングを受けて、時間がたつほどに自分が元気になっていく感じを味わっています。自分で目標を立て、それを確実に実行していくには大変な意志の力が必要です。いつもそれから逃げようとしていた私を励まし勇気を与えていただいたこと、そして的確なアドバイスやサジェスチョンで短期間で目標達成できる経験をさせていただいたことで、自分自身に思ったより力があることを実感し自信がつきました。人生経験豊かな○○コーチの暖かさと信頼感が私を変えてくれたのだと思います。今後もまたお世話になることがあると思いますが、よろしくお願いいたします。
2.人材派遣会社 派遣スタッフ担当 京都府在住 35歳 女性
私は、派遣会社に勤めるOLです。仕事は事務作業で、ややマンネリ化しているため、雑誌などで格好良く働く女性を見て、大変うらやましく思っていました。転職を希望し、以前キャリア・カウンセリングを受けたときは、たしかに前向きな姿勢になり就職したのですが、その後は今の状態に陥り、根本的な解決にはなっていないと感じていました。今回キャリア・ブレーンでコーチング講座を受講して、時間がたつほどに自分が元気になっていく喜びを味わっています。コーチ講師の方は同時にキャリア・カウンセリングのエキスパートであり、以前からモヤモヤしていた私の気持ちを吹き飛ばしてくれました。カウンセリングは「過去に向かってWHY」を探求し、コーチングは「未来に向かってHOW」を探求するということ。人生経験豊かなコーチが、未来に向かい、私を誘導してくださいました。本当にありがとうございます。
3.公認会計士事務所 職員→転職検討中  東京都在住 38歳 女性
私はキャリアアップしたいと転職を考え、コーチングを受けました。コーチの[職場を辞めるまでやっておきたいことは]から始まる質問に答えていく内に、自己理解が深まり、自分の目標がはっきりしてきました。同時に、現在の職場での役割や同僚の存在に気づいたのです。結局、転職はいつのまにか課題ではなくなり、同じ職場で今度は新たな気分で前向きに仕事に取り組んでいます。既にキャリアアップは始まっていたのです。
4.大手製造メーカー 現場監督者  神奈川県在住 45歳 男性
以前、知り合いから紹介されたコーチについていただいて相談をしてきました。コーチから教えられたことを実践してみても、なかなか現場での成果が挙がらず自分自身の不甲斐なさを感じるばかりでした。キャリア・ブレーンの講座を受講して、何をすべきかが分かりました。「相手の立場になる」こんな簡単なことさえ出来ていなかった自分を恥じ、初心に帰って教えていただいたことを実践したところ、人間関係の悩みがかなり解消されました。有難うございました。
5.大手化学品メーカー 事業部長  千葉県在住 51歳 男性
大企業の事業部560名を統括する責任者です。日頃から社員の総合力を高める諸施策を実施してきましたが、今ひとつその効果が出ず苦慮しておりました。近年企業の中でコーチングが注目されて来ており、当社は確かに組織と個人の動きにばらつきがあり、グローバル時代に対して戦いにくい風潮を生んでおりました。そこであまり期待は持たずに、自分を筆頭に社員幹部25名でコーチ養成講座に参加してみました。その後卒業者を中心に私が先導役をとって“組織活性”を目標に現場で具体策を展開し、週に一回30分の成果確認ミーチングを実施し5ヶ月間が過ぎました。その結果社員の動きも様変わりしてきており、今まで気付かなかった潜在していた貴重な課題が驚くほど沢山沸き出てきた。その課題とグループで取組んだ結果、仕事効率が高まり、私にも余裕が出てきました。社員の声を傾聴することでこれだけの経営資源が生まれることを実感しております。
6.不動産会社 会長  愛知県在住 68歳 男性
息子に会社を引き継ぐことを決めたのですが、何をしても頼りなさそうに思え、なかなか任せる気持ちにもなれず、いつまでも「俺が」という意識と、私を支えてくれていた社員にそれとなく「気配りしてくれ、守ってやってくれ」と、頼むばかりでした。エグゼクティブ・コーチングを受けてまもなく1年。今は、息子の社長ぶりと若手社員のモチベーションの高さにすっかり安心して会社を任せ、長年の夢であった地域のお役に立てるよう、ボランティアに忙しい毎日です。キャリア・ブレーンのコーチのお陰です。こころから信頼申し上げており、更なる目標達成を目指し、わたしの夢のパートナーとして今後も2人3脚で頑張りたいと思います。

 

企業の人事担当者の声

1.大手建設会社 人事部 研修担当次長 東京都在住 50歳 男性
中間管理職を中心にコーチングの研修を取り入れました。経営陣からの意向を、いかに部下に落とし込むか、手腕の問われる中間管理職にとって、コーチングの研修は、まさに救いの手だったようです。研修後、「部下の言うことにしっかりと耳を傾けたことで、部下が自分から反省し、改善策を提案するようになった」「仕事の進捗状況を着実に報告してくれるようになり、各自が目標を持って仕事に取り組むようになった」との声があがっています。
2.中堅部品製造メーカー 人事部 人事部長 愛知県在住 52歳 男性
貴社で学んだコーチングを早速社内でマネジャークラスの研修に取り入れてみました。これまでは傾聴訓練を実施していましたが、指示・命令⇔報告・相談という上下関係に慣れ親しんだ組織ではなかなか浸透せず暗礁に乗り上げた形でした。ところが、GROWモデルを主体とした質問のスキルは、頭の固い管理職でもあまり抵抗無く取り入れられるものだったようで、驚くほど効果が出始めています。自己申告書に基づく第一次評価者面談、第二次評価者面談の内容が従来に比べ飛躍的に充実し、面談から自己目標策定にかかる時間も半減しました。
特に現場作業者のレベルでは、上から押し付けられた目標ではなく、自ら決定した目標であるということで意欲がわき、職場全体に活気が見られるようになりました。今後は社員一人ひとりがセルフ・コーチング出来るよう、さらに研修機会を増やして行きたいと考えております。
3.精密部品製造メーカー 人材開発部 部長 東京都在住 45歳 女性
貴社で学んだコーチングを早速社内でマネジャークラスの研修に取り入れてみました。これまではコミュニケーションや問題解決などのトレーニングを実施していましたが、どれもこれもパーツパーツの研修であり、社内でどのような形で実行するべきか、今ひとつ心に響くものがありませんでした。ところが、貴社の講座では、豊富な事例、実践トレーニング等を盛り込んだ内容となっているため、常に会社の様々な場面を想定しながらのトレーニングとなり、大変、実効性の高いものとなりました。戻ってからの彼らの言葉が活き活きとしています。今後は社員一人ひとりにこのコーチングスキルを浸透させるべく、さらに研修機会を増やして行きたいと考えております。「人を育てなければ企業は成長しない」という言葉を、最近強く実感しています。業績も上がり大満足です。
4.中堅総合商社 人事部 人事係長 大阪府在住 37歳 男性
自費で養成講座を受講、卒業しました。養成講座で学んだ様々なスキルをもう一度、自己研鑽をしていたところ、上司より社内研修の声がかかりました。早速、養成講座の○○先生に連絡、研修講師の心構えを教えて頂き、研修に臨みました。研修の目的は、社員のモチベーションをコーチングスキルをふまえて、いかに高めていくか、ということが大きなテーマでした。研修修了後のアンケートは「やる気がでてきた」「目からウロコ」等の声があり、上司からも高い評価を得ました。社員の業務に対する意識改革がなされたことにより、これまでの、ぬるま湯的な雰囲気が大きく変化し、業績向上につながり、研修の目的が達成したと自負しております。今後は養成講座に部課長クラスを受講させ、常に高業績を維持できる企業集団にしたいと考えております。
5.中堅運輸会社 人事教育部 採用担当課長 埼玉県在住 43歳 男性
採用担当者として、優秀でやる気がある学生を採用しても現場に配属すると、上司とうまくいかずつぶれてしまうというジレンマがありました。配属先の直属上司にコーチングを学ばせた結果、育成指導がうまくいき、短期間で、成果を挙げられる社員に育成することが出来るようになり、会社の業績も上がって来ています。現場からも、「優秀な人材をよこせいくらでも活かす」といわれ、人事部門として優秀な人材をいかに確保していくか、嬉しい悲鳴をあげています。
6.ITベンチャー企業 人事部長 東京都在住 38歳 男性
欲しい人材を一言で言ってしまえば「自分で考え、自分から行動できる人」。しかしこの当たり前のようなことでさえできない人が多いのに驚かされます。そのような現実の中、管理職の多くが「部下の自主性を促すことができない」という声を多く耳にします。そこで取り入れたのが「コーチング研修」。世代の違う部下とのコミュニケーション改善が図れた。職場に活気が出てきた。と喜びの声が聞こえてきています。部下が自主性がないと決め付ける前に管理職がどのように距離を縮めるのかを考える必要もあったと考えさせられました。今後も定期的に研修を実施します。

 

キャリア・カウンセラー、経営コンサルタントからの声

1.キャリア・カウンセラー 求職活動者向けセミナー講師 大阪府在住 39歳 女性
これまで、カウンセリングとコンサルティングでクライエントのキャリア開発の支援をしてきましたが、そこにもう一つコーチングの手法を取り入れることが出来るようになりました。特に自己開発目標の設定・実行計画の策定と実施の段階で、コーチングが大いに役立っています。こちらからのアドバイスを得ようと常に「待ちの姿勢」だったクライエントが、適切な質問によって主体的に行動するようになりました。承認・質問等のスキルが自己理解の促進と自尊感情の回復に役立っているようです。カウンセリングの終結時に元気に挨拶をして新しい道に踏み出していかれるクライエントを見ると、こちらも仕事とはいえ幸せな気分になります。今後もコーチング手法を積極的に取り入れ、求職者・転職希望者の支援を行っていきます。
2.キャリア・カウンセラー 中堅専門商社 人事部 福岡県在住 52歳 男性
今までは、カウンセリングとコンサルティングでクライエントのキャリア開発の支援をしてきましたが、こちらでは「キャリア・コーチング」という独自の手法を学びました。実際、現場では、「自己開発目標の設定・実行計画の策定と実施の段階」などの場面で、コーチングのスキルが大いに効を奏しているのです。クライエントが「自力」で「的確」な自己分析を成し遂げるようになりました。漠然と「コーチング」と言っても世の中の流れに乗っているだけで、今ひとつ活用法などつかみどころがありません。ところが、キャリア・カウンセラーとしての実力を高めるという視点で考えてみてください。仕事の精度が高くなります。大きな付加価値を仕事の中に投入することができます。「キャリア・コーチング」という独自のスキルは、ここでしか学べません。
3.キャリア・カウンセラー 公的機関 契約勤務 静岡県在住 58歳 男性
キャリア・カウンセラーとして求職者に対してカウンセリングを行っておりますが、時々カウンセリングの限界を感じておりましたが、養成講座の「認定コーチ」「シニア・コーチ」「エグゼクティブ・コーチ」を受講したことによって、キャリア・カウンセリングに巾と奥行きが出てきました。特に相手の 「自発的 」行動を促進させるためのコミユニケーション技術、とりわけ相手の思考を「しなければならない」から「したい」に変化させる技法と知識は、相乗効果が大であります。人生の設計図であるキャリア・ビジョンを描く際の成り行き型のタイプのクライアントにビジョンコーチを取り入れ、ロマンや夢を語ってもらい、自ら行動を起こす、戦略型になりきることによって再就職に成功したクライアントから感謝されることは、コーチングスキルの修得によるものと深く感じております。
今後もコーチングスキルとの併用により出来るだけ多くの求職者に対して、キャリア・カウンセラーとしての役割を発揮していきたいと決意を新たにしております。
4.キャリア・カウンセラー 公的機関 勤務 愛知県在住 44歳 男性
再就職支援でカウンセリングを行いますと、多くの方は過去輝く成果と仕事経験を持ちながら組織の中で精神的に疲れ切って仕事に不安を持ち退職されておられます。自己の非も有りますが、個人の能力を棚卸して成果を分析確認してみますと、どなたでも光る力を持っており、それを組織の力に結びつける方法が分からないだけなのです。ここにコーチングが威力を発揮するのです、是非コミュニケーションとモチベーションを高める為、年齢・職位を超えてコーチ養成講座コーチング技法を身につけられることを強くお勧めしたい、そうしますと社員・上司双方に素晴らしい人間関係が生まれ、個人の能力が組織の力に反映され、必ず従業員も企業も活気を取り戻せます。万人仕事人生に夢の選択肢をもって生きております、人間は自分の能力を30%しか発揮していないと言われます、100%以上に伸ばす原動力はやる気にあります、この講座は皆さんの考えと意識を変え、行動を変化させてくれます。
5.キャリア・カウンセラー 大学キャリアセンター 勤務 千葉県在住 42歳 女性
大学のキャリアセンターで働く私にとって、コーチングスキルは「成り行き任せ(とにかく就職したいがどこを受ければよいか分からない)」「思い込み(一つの会社以外にはまったく興味が無い)」といったタイプの学生を指導するときに役立っています。
どちらのタイプにもまず「やってみたいこと」「できること」をじっくり考えてもらいます。その意向を承認し、順序立てて質問していくと、学生は自ら答えを出していきます。結果、自分で就職活動先のリストを作成し、エントリーシートに前向きに取り組んでいます。
今後も進路に迷う学生を1人でも多く支援できるよう、更に研鑚を積み、学生にもコーチングスキルを伝授できるようなカウンセラーを目指します。
6.キャリア・カウンセラー 独立自営 東京都在住 45歳 女性
キャリア・カウンセリングを進めていくと、あるとき、クライエントが元気を取り戻してくれます。そんな小さな変化を見過ごさず、「ここ!」という時期を境にコーチングをスタートさせると、効果抜群。クライエントが自ら動き始め、より高い目標を達成したいと「強い意志」を持ちながら求職活動を進めてくださいます。決して妥協しないという強い意志を持ち続けられるのは、高い目標をいつもコーチであるわたくしと確認できるからであり、また、私の目からクライエントのちょっとした変化をアクノレッジメントし、心に届くフィードバックをすることが出来るからだと自負しています。その人を一人の人として見つめ、その状況の変化を恐れない。テーラーメイドなコミュニケーションが取れるようになったのは、キャリア・ブレーンの養成講座のお陰です。
7.経営コンサルタント(自営:開業)  東京都在住 48歳 男性
成果主義がなかなか所期の目標を達成できていない原因の一つは、評価制度の認識のズレだと言われています。たとえば、目標管理制度における目標設定が適切になされなかったこと、部下の目標をうまく引き出すことができなかったこと、会社の組織目標を適切に部下に伝え切れなかったこと、そして部下の希望及び能力についての話し合いが適切になされなかったこと、社内での何気ない会話の中から潜在的に潜んでいる問題に気づかなかったことなどあげればキリがありません。キャリア・ブレーンのコーチ養成講座のカリキュラムには、この敗因を巻き返すキースキルが随所に散りばめられています。自分自身のコンサルティング・スキルに幅ができたような気がします。コーチとして、経営コンサルタントとして、質的にも量的にも仕事の成果が満足できるレベルに必ず到達することができます。
8.経営コンサルタント(自営:開業)  千葉県在住 45歳 女性
企業のトップの方とお話させていただくと、「会社の経営方針が社員の全員にうまく伝わっていないんじゃないか、みんなが何を考えて仕事をしているのかよくわからない。製品をつくるそばからトラックが待っていてどんどん売れていくといった一昔前のころならそれでもよかったが、今はそんな時代ではない。なんとか少ない経営資源を有効に使って利益を出さなくてはいけない。そのためには社員全員が一枚岩になってすすまないといけない。そのためにコミュニケーションを大事にしていきたい」とみなさんおっしゃいます。トップがすべてに目を光らせて、指示命令して社員を動かす一方通行のコミュニケーションの方法で会社を動かすのは不可能です。今の時代、必要なのは双方向のコミュニケーションです。双方向のコミュニケーションの潤滑材となるのが、コーチングスキルです。

 

受講希望者の声

1.中小不動産会社 営業部 鹿児島県在住 38歳 男性
以前からコーチングを身につけたいと思いながら、地方在住の私にはなかなかその機会がありませんでした。様々な講座を検討しましたが、どれも受講期間が長く、また費用も自分にとって無理と感じたからです。現在の職務に直接関係するものではないため、休暇を取ったり、会社が費用負担をしてくれることは考えられません。
キャリアブレーンの「コーチ養成講座」は通信制があり、最短1ケ月で資格が取れるということで、まさに待ってましたという感じです。
会社が私の一生を保障してくれる時代ではありません。ライフワークとしてコーチングを身につけ、いつ何があっても一人でやっていけるという自信につなげたいと思います。地方でコーチングの需要がどの程度あるのかは未知数ですが、逆に言えば競合が少ないということなので、一歩でも人より早く手がけることが重要だと思っています。
2.私立高校 教員 愛媛県在住 37歳 女性
地方にはコーチングの養成講座がなく、長期間の休みも取れないことからコーチングを身につけたいとは思いながら、あきらめていました。様々な講座を検討しましたが、多くは受講期間が長期に渡り、また費用も高いと感じたからです。あまり、仰々しく捉えているわけではありませんが、柔軟に対応できる講座が今までなかったと思います。キャリア・ブレーンの「コーチ養成講座」は通信制があり、最短1ケ月で資格が取れるということ。まずは「ここから」やってみようと思いました。「千里の道も一歩から」です。気軽に始めることができる、ということも大きなモチベーションアップのキーポイントだと思います。多くの友達ができ、新しい世界が広がりそうです。頑張ります。宜しくお願いします。
3.化粧品販売会社 個人営業部部長 千葉県在住 48歳 男性
女性社員が多い職場の管理職歴10年、部下の人材育成に日々奮闘しておりますが、押し付けの指導が原因かどうか、解りませんが、なかなか社員が定着してくれません。社員の心をつかみ、定着させるためには、どうしたらよいかと、思い悩んでいた時に知人から養成講座を紹介されました。講座のカリキュラムを拝見し、充実した講座に大変に興味を持ちました。併せて高度な専門知識を得ることにより自己のスキルアップも図りたいと思います。スケジュールを調整し一日も早く受講したいと考えております。
4.地方公務員 市役所職員 埼玉県在住 35歳 女性
以前から[コーチング]には興味がありましたが、わたしには敷居が高いと思っていましたが、この講座は少人数制で演習も多く、だからこそ短期間で実戦力が身につくことがわかり、すぐに受講を決意しました。どういうときに活かせるかも明確で、段階的に自分の最終目的に合わせて学べると聞いています。また、実際にさまざまな分野で活躍中の講師による講義や他の受講者とのグループワークは、今から楽しみです。
5.私立大学 学生 大阪府在住 21歳 女性
今の世の中コーチングスキルが欠かせないと実感し、少しでも早く身に付けたいといろいろと探してみましたが、より実践的なものをと思ったり、もっと手頃な受講料でと思ったり、今ひとつ納得できる講座に出会うことが出来ずにいました。キャリア・カウンセリング界で実績のあるキャリア・ブレーンで講座が始まると知り、早速パンフレットを取り寄せたところ、カリキュラムも満足でき、しかもリーズナブルで、早速申し込みます。期待しています。
6.ITベンチャー企業 SE 神奈川県在住 35歳 男性
私は人と話を続けることが非常に苦手です。これからは知的産業の時代と言われ、企業の中ではマネージメント力を強く求められ焦っております、コミュニケーション能力を身につける必要を内心強く体感するもその方法が分からなく悩んでおります。そこでコーチングスキルに関心を抱き、これでコミュニケーション力の強化が出来ないか考えました。そこでコーチングの知識だけではなく、実践できる研修機関を探しました。コーチ養成講座に注目しいろいろ調べてみて、ここは実践重視のプログラムになっており、実践経験豊かな講師陣が揃っており、キャリア ・ブレーンに決めました。
7.NPO法人 ○○○○ 栄養士&心理カウンセラー 埼玉県在住 31歳 女性
私は栄養士の資格を持っており、主に拒食症の女性のカウンセリングを担当しています。最近心理カウンセリングの限界を感じるようになり、問題解決に有効と言われるコーチングを学ぶために、数社の講座を比較検討しました。キャリア・ブレーンのコーチ養成講座は他社に比べリーズナブルな受講料で、しかも内容が充実していると思います。通信講座もあるということなので、定期的に通学できない今の私には最適です。すぐにでも受講したいと考えています。
8.人材派遣会社 スタッフ担当 愛知県在住 28歳 女性
様々なコーチングの講座がありますが、キャリア ・ブレーンの講座は、短期間で実践的な力をつけられそうで、たいへん楽しみです。すでに無料体験セミナーも受講しましたが、講師の先生がとっても楽しそうに仕事をしてる姿を見て、「ここにしよう!」と決意しました。まもなく初回を迎えますが、早くその日がくるといいなぁと、待ち遠しい日を過ごしています。

 

社会保険労務士からの声

1.社会保険労務士(自営:開業)  神奈川県在住 42歳 男性
私は、職業柄、企業の経営者と話す機会が沢山あります。経営者の悩みは、「ヒト、モノ、カネ」、どの側面を取り上げても、尽きることのない永遠のテーマとなっています。社会保険労務士にとって「法律的解釈すると・・・」という判例や通達を論じる知識はもちろん大切ですが、「そうはいっても、一筋縄ではいかない」というのが世の常です。労使紛争や裁判の始まりの多くは、小さなボタンの掛け違いから生じています。この一連の講座修了後は、(1)「放任」や「統制」のみで人事管理を行っていないか、(2)部下に対して「詰問」ではなく「質問」しているか、(3)「傾聴の姿勢は?」などと、着眼点を変えたアドバイスをするようになり、多角的・多面的な視点を社長に提示することができました。顧客満足の手ごたえを感じています。
2.社会保険労務士(自営:開業)  東京都在住 45歳 女性
成果主義が導入されて久しくなりますが当初の目的どおりに上手く機能しているところは少ないようです。評価に不満をもってモチベーションが下がってしまう人、いい評価をつけさせるために低い目標しか立てない人、競争原理により情報を人に漏らさなく人、いろいろな悪しき事例が多々あります。成果主義は間違いであったとして、旧来の年功序列型に戻そうとされる企業も出てきています。しかしながら、「成果に応じて報酬を得る」というのは本来あるべき姿なのです。問題なのは運用方法なのです。正しく成果主義を運用するためには、会社の目標:ミッションを社員全員が共有し、同じ目標に向かって社員全員がまい進するという基本が無ければなりません。競争原理に基づく成果主義であればあるほど社員間のコミュニケーションが大事になるわけです。社員全員が会社の目標を真の意味で共有するためには、上から教えるだけではいけません。部下の思いを吸い上げることができ、部下の手本となるリーダーがリーダーシップを発揮してこそ、初めて会社の目標が共有されるのです。コーチングが求められているのはそのためです。そして、日本人のための日本人の心のわかるコーチングが必要なのです。キャリア・ブレーンのコーチ養成講座ではそのことがみっちりと修得できます。

学校理事長からの声

1.私立学園 理事長 東京都在住 65歳男性
幼稚園から短大までの学園の理事長です。皆様の大事なお子様をお預かりしていることを誇りに思っております。日本人の女性としての品格・教養を身に付けられて社会に育っていかれることが、我々学園の責務であると考えております。本学園は明治の時代より日本人の手本となられる婦人の育成を開学の精神にし、女子教育をはぐくんでまいりました。よりよい婦人となられるためには、人の心がわからねばなりません。そのためにはコミュニケーションがもっとも大切になります。私も教育者の一人として、よりよいコミュニケーションはどうあるべきかを常に考え、コーチングに注目しておりました。そしてコーチングを単に知識の伝授にとどめない養成講座はないか、ビジネスに特化しないでヒューマンに重きを置く、より実践的な講座はないかと探して、キャリア・ブレーン殿のコーチ養成講座にめぐり合いました。まずは自分からと思い、早速、エグゼクティブコースまでの全ての講座を受講し、予想以上のものに驚きました。今後は予算の許す限り、学園の先生方に受講していただこうと考えております。

各種講座

ご質問、お申込みなどはこちらまで TEL 03-3413‐1974 受付時間 9:00~17:00【土・日・祝日を除く】

各種講座

PAGETOP
Copyright © (株)キャリア・ブレーン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.