再就職支援のパイオニア

【ECO】ビジョンコーチング

ビジョンコーチング:コーチングを知る

ビジョンコーチングとは

ビジョンコーチングとは、クライアントが自分の将来のビジョン(目標)を明確にし、それに向かっていくのには何が必要で、何をすればいいのかを、クライアントが自ら考え、気付き、行動していくことを支援するものです。

ビジョンコーチングにおける手法

(1)やみくもに考えることは効果的ではありません。
「あなたは何をしたいんですか」「やる気があるんですか」「どうなんですか」とコーチが質問を繰り返しても、クライアントから答えは出てきません。コーチがやみくもに行う質問でクライアントから答えが出てくるぐらいであったら、コーチと話しなどしなくてもクライアントが一人で解決できる程度の課題なのです。クライアントが一人で考えていたのでは、すぐには答えが出てこないので、コーチが必要なのです。

(2)GROWモデルを使って、順番に整理していきます。

GROWモデルの5つの要素

クライアントが目標をはっきり認識し、それに向かって進んでいくのをコーチがサポートする方法として、GROWモデルを使って、5つの要素別に検証していくことは、効果的なことです。

G Goal 目標を明確化する
R Reality 現状を把握する
R Resource 使える資源は何かを考える
O Options 選択肢を考える
W Will 意志を確認する

ビジョンコーチングの流れ

(1)インテーク 面談 ラポールの構築をします。
(2)G(Goal) 目標を明確化します。 1.長期目標、中期目標、短期目標
2.最終目標
3.目標の妥当性の確認
(3)R(Reality) 現状を把握します。 1.目標と現状の格差の把握
2.目標達成についての課題の確認
(4)R(Resource) 使える資源は何かを考えます。 1.人、もの、金、情報、経験の確認
2.残された時間の認識
(5)O(Options) 選択肢を考えます。 1.方法論の検討
2.複数の選択肢を検討
3.視点を変えた検討
(6)W(Will) 意志を確認します。 1.最善の方法を検討
2.やる気の確認
3.達成時期の確認

ビジョンコーチングの流れは、この順序であるが、コーチとクライアントのやり取りの中で、必ずしもこの順序どおりに進まないことがあります。順序どおりに進めていかなければならないわけではありません、コーチングの中で、臨機応変に各段階を行きつ戻りつすることが必要です。クライアントが「ぶれる」ことはあります。その場合に「前回○○といったじゃないか。それなのに、どうして変わるの」とクライアントが「ぶれた」ことを追求しても何も生まれません。
チャンクアップ、チャンクダウンしながら、ビジョンコーチングを進めていくことが大切です。

ビジョンコーチングの意味:コーチングを知る

ビジョンを考えそれに向かっていくこととは

ビジョンを考えそれに向かっていくこととは、物事を段取り踏んで整理し何をする考え実行することです。

ビジョンコーチングにおける質問

クライアントがビジョンを考えそれに向かっていくために、物事を段取り踏んで整理し何をするか考え実行することをコーチが支援するために行うものです。

1.「Goal:目標を明確化する」ためにコーチの行う質問
(1)長期目標:目標達成の時期を10年後とした場合、10年後の目標を明確にします。
(2)中期目標:目標達成の時期を1年後とした場合、1年後の目標を明確にします。
(3)短期目標:目標達成の時期を数ヶ月先とした場合、数ヶ月先の目標を明確にします。
2.「Reality:現状を把握する」ためにコーチの行う質問
(1)目標達成を考えたとき、現状はどんな状態かを認識します。
(2)目標達成に向けてのクライアントの現在の行動の確認をします。
(3)目標達成に向けてのクライアントが考えている課題のあぶり出します。
3.「Resource:使える資源は何かを考える」ためにコーチの行う質問
(1)目標達成を考えたとき、「使える資源:人」の確認をします。
(2)目標達成を考えたとき、「使える資源:物」の確認をします。
(3)目標達成を考えたとき、「使える資源:金」の確認をします。
(4)目標達成を考えたとき、「使える資源:時間」の確認をします。
(5)目標達成を考えたとき、「使える資源:情報」の確認をします。
4.「Options:選択肢を考える」ためにコーチの行う質問
(1)選択肢を増やすようにします。
(2)各選択肢の内容を検証していきます。
5.「will:意志を確認する」ためにコーチの行う質問
(1)最善の方法を検討していきます。
(2)時間(実施時期)の確認をします。
(3)やる気の確認をします。

ビジョンコーチング不調時の対応:コーチングを知る

ビジョンコーチングも万能ではない

人が自分の将来を考える方法として、2種類の方法があります。

  1. 自分の将来というものを考える時、あるべき姿として将来を「イメージ」で捉え、それに向けて今を近づけていこうとする考え方です。
  2. 今の延長上に将来をおき、日々の積み重ねが結果として将来につながるという考え方です。

(1)のタイプの人は、長期目標をたててそれに向かっていくことが有効です。
(2)のタイプの人は、長期目標は「夢物語」として捉えてしまう傾向があるので、長期目標よりはむしろ中期目標にとどめ、その積み重ねが長期の成功につながるという考えが有効です。
(2)のタイプの人には、現実的な人が多く将来のイメージがわかない人もいます。

「将来のイメージがわかない人」への対応

  1. 「将来のイメージがわかない人」に対して、無理にビジョンコーチングを実施しません。
  2. 足もと(今、現在)から先(将来)を見ていく方向にて考えさせます。

各種講座

ご質問、お申込みなどはこちらまで TEL 03-3413‐1974 受付時間 9:00~17:00【土・日・祝日を除く】

各種講座

PAGETOP
Copyright © (株)キャリア・ブレーン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.