再就職支援のパイオニア

【ECO】リーダーシップ

リーダーシップとは何か:コーチングを知る

リーダーシップとは

1.リーダーシップのもつ意味:
リーダーシップとは、個人または集団に対する「指導力」「統率力」「影響力」という意味に使われます。
共通の目標があり、その共通の目標を達成することを目的として、メンバーの力を最大限に結集し、効率よく使い、同時に、メンバーの働きがいをつくりだすためにとる行動であると言われています。
リーダーシップとは、ふたり以上の集団における集団現象であり、ふたり以上の集団が存在すれば(ビジネスの世界だけではなく、家庭でも、スポーツや趣味の同好会等の世界でも)必ずリーダーシップは生まれるのです。
2.広義、狭義のリーダーシップ:
広義のリーダーシップは、「人の人に対する影響力=対人影響力」のことであり、狭義のリーダーシップは、「集団の目標を達成するためにメンバーの力を結集する働きかけと動機づけ=指導・統率力」と定義づけられます。
3.リーダーシップを発揮しリーダーのなすべきこと:
(1)目標の明確化
(2)目標の明示
(3)メンバーへの動機付け(指示する→傾聴する→承認する→質問する→意見を求める→決定させる→任せる)
(4)リーダー自ら率先垂範
(5)組織を運営
(6)目標の達成

今求められるリーダーとは

1.これまでのやり方に固執せずに環境の変化に柔軟に対応します。
環境の変化に適応するためには柔軟な思考が必要です。リーダーは環境の変化に適応した注意力と観察力を持たなければなりません。
2.ナンバーワン、オンリーワンとなる「ウリ」「光るもの」を確認し、仕事力を磨きます。
自分は「何者なのか」「何ができるか」を常に考えて、自己のナンバーワン、オンリーワン「ウリ」「光るもの」になるものを見つけ、そのレベルアップする努力を続けます。
3.複眼思考(マクロの眼、ミクロの眼)にて、問題意識を持って環境の変化に対応します。
リーダーは集団における舵取り役です。状況の変化に適切に対応することによって、目標の達成を図ります。

リーダーシップスタイル(類型)

組織目標を達成するリーダーシップスタイルとして、PM理論があります。
これは、P(業務達成機能)、M(集団維持機能)のマトリックスで表されます。

PM:
統合型(相談交渉型)すべてのメンバーが参加しリーダーの意見が加味
Pm:
専制型(指示命令型)リーダーがすべてを決定
pM:
温情型(相談型)メンバーの参加とリーダーの指導援助
pm:
放任型(委任型)すべてメンバーが決定

4つのタイプでも、それぞれに長所、短所があり、リーダー自身がどのタイプかを知り、集団の実態に合ったリーダーシップを発揮しなければ、目標を達成するために効果的に人を動かすことはできません。

各リーダーシップスタイル(類型)
類型 長所 短所
放任型
(委任型)
メンバーが自分で考えることにより
メンバーの自主性や創造性が育つ
・自分勝手になる
・リーダーの無責任体制となる
温情型
(相談型)
集団に協調性が生まれる ・集団に妥協や甘えが生じる
・リーダーとしての使命感が消える
専制型
(指示命令型)
リーダーの経験・知識・スキルが活用できる ・指示待ち集団となる
・メンバーの自主性が育たない
統合型
(相談交渉型)
質の高い結果が期待できる ・レベルの低いメンバーは脱落
・結果が出るまで時間がかかる

リーダーシップを身につけたい方へ

<講座主宰者:白根陸夫より>・・
白根陸夫管理職又は管理・監督職を目指す人が自身のマネジメントスキル強化のために、或いはすでにその立場にある人が自身の管理スタイルが現場で必ずしもフィットしていないために、効果的なスキルを身につける必要に迫られてコーチングを学ぼうとするビジネスパーソンが多くいらっしゃいます。

コーチングスキルの中でも、リーダーシップコーチング修得に関心が高いといえます。リーダーシップコーチングのポイントは、クライアントに自分の強みを発揮したリーダーとしてのスタイルを考えさせることです。リーダーって何をすればいいのでしょうか?

「管理職だから立場を利用して部下を締め付ければいい」、それが管理だと早合点してりーダーとしての役割やスタイルを学ばず、思い込みによってマイ・スタイルでいる人ほど時間経過とともに悩みが大きくなるようです。業績も上がりません。立場は違いますが、コーチングスキルを知らなかったばかりに、新任マネジャーとして赴任した管理者が、職場の古参社員と連携が取れず、自分の理想論をかざして目標達成を急ぐあまり、部下との間に大きな溝ができてしまうケースも目立ちます。

理想を高く掲げることは大切なことですが、理想とする職場のイメージを部下に話せないことや、理想の職場づくりのための情報収集や交換を、古参社員とできなかったことなど、問題は双方にあることに気づくまでに、実績を上げることもできずに悩み苦しむ時間が長くなってしまうことがよくあります。

「もっと早くコーチングを学び実践していれば、部下のために、自分のために、そして組織のためによかったのに」とこの養成講座を卒業された方々の等しく異口同音の感想です。ビジネスパーソン必須のマネジメントスキル「コーチング」「リーダーシップコーチング」を一刻も早く修得し、組織内で実践することによって、輝く未来をあなたの手で掴むことを願っています!

リーダーシップの2つの特性

1.ポジションパワー(Position Power)によるリーダーシップ:
組織における制度上の地位・肩書が持たせる力=権力がもたせるもの
・強制力、報酬力(権限、管理、支配、強制など)
2.パーソナルパワー(Personal Power)によるリーダーシップ
〔ヒューマンパワー(Human Power)ともいう〕:
個人としての魅力が持たせる力=権威がもたせるもの
・専門力、人間力、情報力、関係力(勇敢、知性、誠実、温情、厳しさ、人間性など)
メンバーの反応 影響力の持続性
ポジションパワー
地位や肩書きが持つ力
面従腹背
(立場上)
一時的
(立場が変われば終了)
パーソナルパワー
個人的な人間性が持つ力
心服、尊敬
(心から)
永続的
(生涯続く)

集団を運営していくためにはこの2つのパワーをバランスよく行使しなければなりません。

コーチングに必要なリーダーシップ

コーチングとは、相手が望んでいる目標があり、その目標を自ら達成することができるように、相手の持っている個人的な特性と強みを活かして、相手がその能力と可能性を最大限に発揮することを目的として、相手を自ら考えさせ行動を促すために、相手の取るべき手段を引き出すためのコミュニケーションサポート(支援)です。
そのため、コーチは「傾聴」「承認」「質問」のスキルを駆使してクライアントに働きかけるわけですが、クライアントとの間での信頼関係がなければコーチングは成功しません。クライアントが信頼するのは、コーチのポジションではなくコーチの人間性です。コーチングに必要なリーダーシップは、パーソナルパワーに裏づけされたリーダーシップであると言えます。

リーダーシップを身につけたい方へ

<講座主宰者:白根陸夫より>・・
白根陸夫管理職又は管理・監督職を目指す人が自身のマネジメントスキル強化のために、或いはすでにその立場にある人が自身の管理スタイルが現場で必ずしもフィットしていないために、効果的なスキルを身につける必要に迫られてコーチングを学ぼうとするビジネスパーソンが多くいらっしゃいます。

コーチングスキルの中でも、リーダーシップコーチング修得に関心が高いといえます。リーダーシップコーチングのポイントは、クライアントに自分の強みを発揮したリーダーとしてのスタイルを考えさせることです。リーダーって何をすればいいのでしょうか?

「管理職だから立場を利用して部下を締め付ければいい」、それが管理だと早合点してりーダーとしての役割やスタイルを学ばず、思い込みによってマイ・スタイルでいる人ほど時間経過とともに悩みが大きくなるようです。業績も上がりません。立場は違いますが、コーチングスキルを知らなかったばかりに、新任マネジャーとして赴任した管理者が、職場の古参社員と連携が取れず、自分の理想論をかざして目標達成を急ぐあまり、部下との間に大きな溝ができてしまうケースも目立ちます。

理想を高く掲げることは大切なことですが、理想とする職場のイメージを部下に話せないことや、理想の職場づくりのための情報収集や交換を、古参社員とできなかったことなど、問題は双方にあることに気づくまでに、実績を上げることもできずに悩み苦しむ時間が長くなってしまうことがよくあります。

「もっと早くコーチングを学び実践していれば、部下のために、自分のために、そして組織のためによかったのに」とこの養成講座を卒業された方々の等しく異口同音の感想です。ビジネスパーソン必須のマネジメントスキル「コーチング」「リーダーシップコーチング」を一刻も早く修得し、組織内で実践することによって、輝く未来をあなたの手で掴むことを願っています!

リーダーシップとコーチングの関係

1.リーダーシップとコーチングの関係についての考え方:
ビジネスの場面においてコーチングは、一番情報を持っている最前線で仕事をしている部下の思いを引き出し、部下が自ら考え結論を出していき部下が成長していくことを上司として支援することであると考えられています。そのことは間違いではありません。問題なのはそのため上司が強いリーダーシップを発揮して部下を引っ張っていってはならないと考えてしまうことです。
つまり、コーチングとは上から指示命令するのではなく、下から情報を吸い上げていこうコミュニケーションのとり方であると思われてしまうのです。
しかし、それでは「上から情報を提供するという従来型の一方向からのコミュニケーション」が、「下から情報を提供するという従来型の一方向からのコミュニケーション」に変わっているだけとなります。
コーチングを学んだけれど実践では上手く機能しないという人は、この点での理解が誤っているのです。
リーダーシップをポジションパワーで行っている人が陥りやすい落とし穴です。リーダーシップをポジションパワーで行っている人はコーチングもポジションパワーを使って行おうとするのです。
2.パーソナルパワーによるリーダーシップとコーチング:
部下においては立場上「上司だから仕方なく話をする」、「上司のいうことに従う」というのではなく、上司の人間的魅力に触れ「この人なら自分の気持ちを話ししよう」、「この人なら言っていることにも一理あるのだろう」ということになって、はじめて上司と部下の間でお互いの気持ちの通じ合えた「双方向のコミュニケーション」が機能するのです。
そしてこの時上司が行うコーチングが、リーダーシップ・コーチングと呼ばれるものである。
このリーダーシップ・コーチングは、一つの組織があればその中で必ず行われるコーチングです。会社の上下関係だけでなく、実生活の場面においてもリーダーシップを発揮する際には、必ずこのリーダーシップ・コーチングが有効なものとなります。

リーダーシップ・コーチングとは何か

コーチングとは、ロジャースの、「人は誰でも自らの内部に、自己を成長させ、実現させる力(growth drive)を持っている」という考え方に基づき、相手が望んでいる目標があり、その目標を自ら達成することができるように、相手の持っている個人的な特性と強みを活かして、相手がその能力と可能性を最大限に発揮することを目的として、相手を自ら考えさせ行動を促すために、相手の取るべき手段を引き出すためのコミュニケーションサポート(支援)であると言われています。
この個人への支援の考え方を、集団のレベルに引き上げ、現在の状況下においてリーダーとして集団に対して何を行えばいいのかを考える過程で生まれた考え方です。

リーダーシップ・コーチングとは、ロジャースの、「人は誰でも自らの内部に、自己を成長させ、実現させる力(growth drive)を持っている」という考え方を発展させたものであり、「集団はどんな集団でも集団の内部に、集団を成長させ、実現させる力(growth drive)を持っている」という考え方に基づき、集団が望んでいる目標があって、その目標を集団の構成員が自ら達成することができるように、集団及び集団の構成員の持っている特性と強みを活かして、集団及び集団の構成員がその能力と可能性を最大限に発揮することを目的として、集団及び集団の構成員を自ら考えさせ行動を促すために、集団及び集団の構成員の取るべき手段を引き出すためのコミュニケーションサポート(支援)であると言えます。
答えは必ずその集団の中にあります、リーダーはそれを引き出すために、あらゆる手段を駆使してサポートするということです。

リーダーシップ・コーチングでリーダーの行うこと

1.リーダーシップ・コーチングにおけるリーダーの任務:
(1)集団の目標の完遂
(2)集団構成員の成長
2.リーダーシップ・コーチングにおけるリーダーの役割:
〔価値観の共有〕
(1)目標の策定・説明(透明性・公平性)
・参画意識の醸成
(2)現状分析、状況の説明(透明性・公平性)
・傾聴、承認、質問、議論
(3)課題の発掘・提供(共有化、明確化)
・傾聴、承認、質問、議論
(4)戦略の立案・説明・実行(共有化、明確化)
・傾聴、承認、質問、議論
〔集団構成員の成長〕
(1)部下への信頼(透明性・公平性)
・権限委譲
(2)リーダーが最終責任
・責任の明確化

リーダーシップ・コーチングを行うリーダーとしての心構え

1.自分自身の成長を図ります。
自分自身をコーチングする(セルフコーチング)
ロジャースの、「私は私の内部に、私を成長させ、実現させる力(growth drive)を持っている」という考え方に基づき、私には私が望んでいる目標があり、その目標を自ら達成することができるように、私の持っている個人的な特性と強みを活かして、私がその能力と可能性を最大限に発揮することを目的として、私を自ら考えさせ行動を促すために、私の取るべき手段を引き出すため、私が私自身をコーチングします。
「自分自身をセルフコーチングできないコーチが、クライアントをコーチできるのか」と言われています。メンバーはリーダーの一挙手一投足に注目しているのです。リーダーはメンバーの模範とならなければなりません。
2.自分として尊敬できるリーダー(偉大なリーダー)に学びましょう。
自分として尊敬できるリーダー(偉大なリーダー)の生き様を考え、いいところのマネをし(学ぶとはマネぶことである考えましょう)、アイデアを借りることです。
3.集団構成員の成長を図ります。
リーダーとしての立場をわきまえ、安易に「コーチング」のみに走らないようにします。
物分りのいい上司になろうとしてはいけません。「やさしさ」と「強さ」を備えた魅力ある人物になることです。
→それで初めて、相互信頼がとれて、リーダーシップ・コーチングができるのです。

リーダーシップを身につけたい方へ

<講座主宰者:白根陸夫より>・・
白根陸夫管理職又は管理・監督職を目指す人が自身のマネジメントスキル強化のために、或いはすでにその立場にある人が自身の管理スタイルが現場で必ずしもフィットしていないために、効果的なスキルを身につける必要に迫られてコーチングを学ぼうとするビジネスパーソンが多くいらっしゃいます。

コーチングスキルの中でも、リーダーシップコーチング修得に関心が高いといえます。リーダーシップコーチングのポイントは、クライアントに自分の強みを発揮したリーダーとしてのスタイルを考えさせることです。リーダーって何をすればいいのでしょうか?

「管理職だから立場を利用して部下を締め付ければいい」、それが管理だと早合点してりーダーとしての役割やスタイルを学ばず、思い込みによってマイ・スタイルでいる人ほど時間経過とともに悩みが大きくなるようです。業績も上がりません。立場は違いますが、コーチングスキルを知らなかったばかりに、新任マネジャーとして赴任した管理者が、職場の古参社員と連携が取れず、自分の理想論をかざして目標達成を急ぐあまり、部下との間に大きな溝ができてしまうケースも目立ちます。

理想を高く掲げることは大切なことですが、理想とする職場のイメージを部下に話せないことや、理想の職場づくりのための情報収集や交換を、古参社員とできなかったことなど、問題は双方にあることに気づくまでに、実績を上げることもできずに悩み苦しむ時間が長くなってしまうことがよくあります。

「もっと早くコーチングを学び実践していれば、部下のために、自分のために、そして組織のためによかったのに」とこの養成講座を卒業された方々の等しく異口同音の感想です。ビジネスパーソン必須のマネジメントスキル「コーチング」「リーダーシップコーチング」を一刻も早く修得し、組織内で実践することによって、輝く未来をあなたの手で掴むことを願っています!

リーダーの条件

  1. 自分の仕事・役割に対して情熱を持ち、やりがいを感じており常に結果を出すます。
  2. リーダーとしての明確な目標を持ち、目標を自分のものにしています。
  3. 常に変革・改良することを考え課題に対して柔軟に対応します。
  4. スピードを持って業務に取り組みます。
  5. 部下、後輩の意欲を伸ばし次のリーダーとして育成します。
  6. チームワークを大切にします。
  7. 厳しい局面を積極的に打開します。
  8. 企業倫理を遵守します。
  9. 高い品質を追求します。

効果的なリーダーシップの発揮

リーダーは、時・場所・状況に応じて最も効果のあるリーダーシップを発揮しなければなりません。

1.平時、有事における対応:
(1)平時のリーダーは、部下を育てる母の目で、メンバーに自由裁量を与えます。(母親の心、保母さんの心)
(2)緊急時や難しい判断、断行を必要とする有事のリーダーは、「俺について来い」の親父の目で専制的にメンバーを導きます。(父親の心、親分の心)
2.ベテラン、新人に対する対応:
(1)ベテランには、仕事の経験者・熟練者として、人生の先輩としても、信頼して仕事を任せます。
(2)新人には、早い時期に仕事の正しいやり方を身につけて戦力になることを目的とし、リーダーが「俺について来い」と模範を示して、共に仕事を行います。

リーダーシップ発揮のための能力条件

リーダーシップを発揮するためには、以下の能力を身につけて発揮する必要があります。
リーダーは、自分の長所、弱点をしっかりと認識し、長所を伸ばし、弱点を補強するなど、常々自己啓発に努めなければなりません。

リーダーシップの必要条件
Listen 傾聴力
Explain 表現力
Assist 支援力
Discuss 対話力
Evaluate 客観力
Response 応答力
Sincerity 誠実力
Health 健康力
Intelligence 知力
Personality 人間力

リーダーシップを身につけたい方へ

<講座主宰者:白根陸夫より>・・
白根陸夫管理職又は管理・監督職を目指す人が自身のマネジメントスキル強化のために、或いはすでにその立場にある人が自身の管理スタイルが現場で必ずしもフィットしていないために、効果的なスキルを身につける必要に迫られてコーチングを学ぼうとするビジネスパーソンが多くいらっしゃいます。

コーチングスキルの中でも、リーダーシップコーチング修得に関心が高いといえます。リーダーシップコーチングのポイントは、クライアントに自分の強みを発揮したリーダーとしてのスタイルを考えさせることです。リーダーって何をすればいいのでしょうか?

「管理職だから立場を利用して部下を締め付ければいい」、それが管理だと早合点してりーダーとしての役割やスタイルを学ばず、思い込みによってマイ・スタイルでいる人ほど時間経過とともに悩みが大きくなるようです。業績も上がりません。立場は違いますが、コーチングスキルを知らなかったばかりに、新任マネジャーとして赴任した管理者が、職場の古参社員と連携が取れず、自分の理想論をかざして目標達成を急ぐあまり、部下との間に大きな溝ができてしまうケースも目立ちます。

理想を高く掲げることは大切なことですが、理想とする職場のイメージを部下に話せないことや、理想の職場づくりのための情報収集や交換を、古参社員とできなかったことなど、問題は双方にあることに気づくまでに、実績を上げることもできずに悩み苦しむ時間が長くなってしまうことがよくあります。

「もっと早くコーチングを学び実践していれば、部下のために、自分のために、そして組織のためによかったのに」とこの養成講座を卒業された方々の等しく異口同音の感想です。ビジネスパーソン必須のマネジメントスキル「コーチング」「リーダーシップコーチング」を一刻も早く修得し、組織内で実践することによって、輝く未来をあなたの手で掴むことを願っています!

各種講座

ご質問、お申込みなどはこちらまで TEL 03-3413‐1974 受付時間 9:00~17:00【土・日・祝日を除く】

各種講座

PAGETOP
Copyright © (株)キャリア・ブレーン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.