キャリア式職務経歴書のつくり方/売込みの仕方㉔

営利を目的としていない組織で働く人、或いは営利企業においても間接部門(直接売ったり、買ったり、つくったりする部門ではない部門のこと)で働く人は、最大限利潤を上げる方策、すなわち、↑Q(品質) ↓C(コスト) ↓D(納期) ↑(数量) ↓(時間) ↓(人数) を指標としてつね日頃仕事しているかと問われると即答できる人は多くありません。

それではこれらに代わる指標(代用特性)はなにか、それは「売り込みの仕方⑬」に示した5特性、33要素です。
キャリア式職務経歴書のタイトルは「主たる経験及び達成事項」とします。欄外に小さく「職務経歴書」と記載します。職務遂行能力ごとの成功体験を営利を目的としていない組織で働く人の例としてその12を紹介します。

「主たる経験及び達成事項」
ウリとする職務遂行能力例:発想の転換しものごとを俯瞰する力、限られたリソースをフル活用し目的達成する力、やってみる力、これらの総合力を発揮させ大きな成果を上げる力。
成功事例:その12
新型コロナワクチン接種作業の効率化を目指し、被接種者1人1人対応の発想を転換。集団処理の仕組みに変えることによって大きな成果を上げた(60分→15分/人 4倍効率アップ)。

次号に続く。

ご質問・お申込みなどはこちらをクリック。メールでのお問合せは24時間受付中!

お電話受付時間9:00~17:00

【土・日・祝日を除く】

TEL 03-3413‐1974

コメントを残す